運転者と歩行者のマナー

歩くときも車を運転するときも必ず守らなければいけない規則やマナーがあります。
それを守らないと事故につながって、自分の命を落とすか、人の命を落とさせてしまうことにもなりかねません。
特に車の運転者になるときには気を付けなければいけません。
車と歩行者では歩行者が優先です。
歩行者が道を渡っていたり、車の近くを歩いている場合には、止まったり徐行をして、歩行者が安全に通ることを確認する必要があります。
また左折のときにも巻き込みをしないように左後ろの確認をすることが必要です。
このように歩行者が優先なのですが、だからと言って歩行者も交通規則を守らないといけません。
右側通行をする、歩道を歩く、道を渡るときは横断歩道で必ず左右を確認してから渡る、信号に従う、など守るべきことはたくさんあります。
歩行者も車の運転をする人も、どちらもきちんと交通規則を守ってお互いを思いやる気持ちで通行することが交通事故を防ぐことにつながります。
車を運転している人も歩行者の立場にもなるのです。
どちらの立場にたっても、自分中心にならずに、歩行者は常に車を意識して、また車の運転手は歩行者や自転車などを常に意識して譲り合いの気持ちで通行することが大切です。

Comments are closed.