聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

日本全国には道路がしっかりと整備されています。国が管轄する道路であったり、県や市町村が管轄する道路であったりとするものもありますが、いずれにしましても国土の細部にまで車が走ることができる道路が張り巡らされていることが、今の私たちの生活を支えていることでもあるのです。
道路上には毎日のように、たくさんの通行者がいるものです。歩行者も多くいますが、それよりもやはり車の台数の方が圧倒的に多いことは一目瞭然となるでしょう。それだけ車の台数が多いと、交通事故に遭う確率も高くなるものです。そのような危険性があるということを一人一人のドライバーが認識することで、予め危険を避けるような運転をすることを心がけなければならないのです。
そのようなことを避けるための対策がなされていたりするものですが、その中の一つとして車に標識をつけるという義務もあります。この標識によって、運転しているドライバーがどのような方なのかが解るようになっています。特に聴覚障害者マークをつけている車に対しましては、周りのドライバーの協力が必要となるでしょう。耳の不自由な方が乗っていらっしゃることから、無理な幅寄せはもちろん禁止されていることですし、場合によっては気持ちよく譲ってあげるくらいの余裕を持って運転していきたいものです。

Comments are closed.