身体障害者標識(身体障害者マーク)

平成14年6月より身体障害者標識の導入が開始されました。身体障害者マークは、青地に白の四つ葉のクローバーがデザインされたものです。手や足などが不自由であるなど、身体的な障害を持つ人が運転しているということを、周りの運転者に知らせるものです。
マークを標示することは義務ではなく、できるだけ貼りましょう、という努力義務として薦められています。
対象者は、肢体が不自由であることが理由で、運転免許に条件が付けられている人です。たとえば、AT車であるが、アクセルやブレーキは手動式であること、義足等、などです。障害のために運転に影響があるという人が対象となっています。
各都道府県の交通安全協会やカー用品店などで購入できます。反射シート付きマグネットタイプは、2枚1組セットで300円前後です。
初心者マークと同様に、障害者マークは他の運転者に安全運転を促す役目もあります。
従って、マークの標示がある普通自動車車に対して、危険を防止するためのやむを得ない場合を除いて、割り込みや幅寄せなどをした場合は、罰則が与えられます。
罰則は、5万円以下の罰金、反則金は大型車で7000円、普通車は6000円、原付は5000円です。違反点数は1点です。

Comments are closed.