横断中の歩行者の保護

毎年の様に交通事故によって亡くなられる方が多くいらっしゃいます。死者数につきましてはここ数年は減少傾向にあるとされながらも、未だに4000名を超える方が毎年の様に亡くなっているという事実があります。今後はこのような悲惨な交通事故を更に減少させていくことが急務ともなっているのです。
それには国や自治体、或いは警察の方で取り組みを行うだけでは不十分になります。ドライバー一人一人が安全運転を心がけることで、全体で見ますと非常に大きな効果が見込まれるということが考えられるのです。そのような流れを創り出していく事が重要でもあります。また流れを創り出すためには、危険に対する知識をドライバー一人一人が蓄えておくことも重要となります。
特に死亡事故の多いケースとしまして、道路を横断中の歩行者が跳ねられることが多くあるのです。ですからドライバーはとにかく歩行者を保護することを優先的に考えて運転をしていかなければならないでしょう。目の前に横断歩道や自転車横断帯が出てきたら、まず両脇に渡ろうとする人がいないかどうかをしっかりと確かめた上で通行して下さい。万が一渡りそうな人を発見した場合、それが交通整理の行われていないような場合であれば絶対に渡る人の方が優先となることを覚えておいて下さい。

Comments are closed.