子どもや身体の不自由な人の保護

車を運転していると、さまざまな人が公共の道路や歩道を通行しているのがわかります。
子供は交通マナーをきちんと教わっていても、やはり目線が低いというだけでなく、年齢によってはまだ判断力が不確かだったり、何かに夢中になって交通安全に対する集中力を欠いたりといったことがあります。
そのため、ドライバーから予測のつかない動きをして、危ない場面に遭遇することも珍しくありません。
こうしたことを防ぐためには、とくに通学路や下校時刻、また公園などの近隣では、速度を落として飛び出しに注意することが大切です。
また、歩行が困難なかたの車いすや電動シニアカーなどの歩行補助車も、座った状態での目線になることと、とっさにスピードを出すことができないことがあります。
このような車いすや歩行補助車が、青信号の間にやむを得ず横断歩道を渡りきれなかった場合、ドライバーが横断を待つなど、ゆずりあうことが必要です。
そして、盲導犬使用者のかたについてですが、まず、公共に認められた介助犬は、わかりやすいベストやハーネスをつけているため、普段から気を付けて見ていると歩行している場面に出会うことも珍しくありません。
盲導犬の場合、白いハーネスといわれる胴輪を装着しています。
訓練を受けた犬は段差や障害物を回避しながら誘導しますが、進む判断は使用者のかたが車の音などに頼ってしています。
信号や障害物の状態が危険であると感じたときは、ドライバーから声で知らせることもできます。

Comments are closed.