歩行者のそばを通るときの注意点

住宅街などの細い道では歩行者と自動車が同じ道を通行するということがよくあります。
こういった狭い道路では事故の発生率が非常に高いので、通り慣れた道だからといって気を抜かず注意して運転することが大切です。
最近では歩道がない場所を歩いている人のマナーがあまり良いとは言えず、道全体に広がって歩いたり、自動車が来ているにも関わらず知らんぷりをして道を譲らなかったりと運転手からすると頭に来るようなことを平然とする人が増えています。
しかもこういったことをする人たちはもし接触でもしたらすぐに慰謝料などを請求してくるということもあるので、自動車を運転する時には十分な間隔を取って運転することが重要なのです。
誰だって起こそうと思って事故を起こす人などいませんので、狭い道ではお互いが十分に注意をし、マナーを守って通行することが大切なのです。
特に小さな子供やお年寄りはどこでどう転ぶかもわかりませんし、予想外の動きをするということがよくあるのです。
雨の日や雪の日などで視界が悪くなっている時はいつも以上に注意して運転することが必要なのです。
安全のため、なるべく歩いている人の近くは通らず、後ろから徐行するといった方法を取るという人もいます。

Comments are closed.