歩行者の保護

自動車を安全に運転する為には色々な点に注意しなければいけません。
注意すべきポイントはいくつもありますが、例えば歩行者がいる場合には保護する為にも走行に注意する必要があります。
例えば前方に歩いている人がいる時には、十分にスピードを落とす事が大切になります。
人によっては歩きながらスマートフォンを操作していたり、音楽を聞いている事がありますが、そういった時には後ろから来る車の存在に気が付いていないケースもあります。
その為、時には道路上に突然飛び出してくる事がありますので、そういった場合に安全に回避する為にも減速して通過するように気を付けなければいけません。
また、雪道の場合ですと、時には歩いている人が足を滑らせて転倒してしまう事があります。
そういった時に十分にスピードを落としておかないと安全に回避する事ができませんし、さらには雪道の場合はブレーキの効きも悪くなっています。
その為、より一層の減速をしておかないと危険ですので、状況をしっかりと判断しなければいけません。
他にも運転時には横断歩道に差し掛かる事がありますが、その際には歩いている人が優先されますので、無理に横断歩道を通過しないなどの基本的な部分も厳守する事が大切です。